カテゴリー: 未分類

女性の薄毛と男性の薄毛は原因が違う?

薄毛は男性だけの悩みではなく、女性も薄毛に悩みを抱えていることはありますが、男性と女性では薄毛になる原因が異なるため、それぞれに合った方法で改善を試みることが大切なことです。

男性の薄毛の原因は、男性ホルモンやストレス、生活習慣などが影響している事が考えられます。

男性ホルモンが影響することで最も多いのはAGAで、男性ホルモンのジヒドロテストステロンが髪の毛の成長を促す毛母細胞に作用しヘアサイクルを乱して抜け毛が増えます。
育毛剤は男性と女性は基本的に違うものだと思ったほうが良いです。薄毛になる原因や症状が違うのに、無理やり同じものを売ろうとしているのはどうかと思います。それに男性は抜けてしまって【ハゲ】になりますが、女性は髪の毛が細く痩せる薄毛なのできちんとケアをして栄養を届けてあげると髪の太さを取り戻しボリュームが戻ってきます。詳しく知りたい方はこちらを参考に。育毛剤 女性

AGAになるとヘアサイクルが乱れるため、毛髪が成長しないうちに抜けます。

体質的にジヒドロテストステロンが作られやすい場合や、ホルモンの情報を受ける感度が高い場合にAGAになる可能が高まります。

強いストレスも脱毛の原因ですが、抜け毛を生じさせる仕組みなどは分かっていないのですが、自律神経に影響が出て頭皮の血流が悪くなり代謝がスムーズに行われないことが要因と考えられます。

食生活や生活習慣も抜け毛の原因となり、偏った食事や睡眠不足は髪の毛が生えるために必要なたんぱく質などの栄養を摂ることができず、夜寝ている間に髪の毛は成長するので睡眠不足も良くないです。

女性の薄毛の原因は、加齢やホルモンバランスの乱れ、過度のヘアケアなどが考えられます。

ホルモンバランスの乱れについては、女性ホルモンは生殖機能を維持する他、毛髪を健康に保つ働きもあります。

閉経後は女性ホルモンが低下するので髪の毛にハリやコシが無くなり脱毛も増えてしまいます。

女性はヘアケアに気をつけることが多いですが、洗浄力の強いシャンプーで1日何度も洗髪したり、女性用の育毛剤を使う場合でも用法用量を守らずに量を多く使うなど間違ったヘアケアは頭皮や毛髪を保護する必要な皮脂も落としてしまうため、脱毛が進む場合があります。

またストレスやパーマやヘアカラーなども影響が考えられます。

ストレスが影響するなど共通している事もありますが、基本的には男女で薄毛の原因は異なります。

それぞれに治療方法も異なるため、男女とも自己流ではなくクリニックに相談することで早期改善につながります。